委員会のしくみ

高知県公安委員会3人と国家公安委員会5人、他の都道府県公安委員会は連絡を相互に取り合う。高知県公安委員会は知事の所轄にあり高知県警察を管理している。

公安委員会とは

公安委員会は、警察行政に県民の方々の意思を反映させながら、警察の民主的運営と政治的中立性を確保するために設置されており、警察を管理するという役割をもっています。

公安委員会の構成

高知県公安委員会は、県議会の同意を得て知事が任命する3人の委員で構成されています。委員の任期は3年です。

公安委員会の活動

公安委員会は、毎週1回日時を定めて定例の会議を開いております。このほか、必要があるときは、随時臨時の会議を開きます。

会議では、警察から高知県警察の運営方針や、それを踏まえた警察の各種施策のほか、毎日のように発生する事件・事故等への取組状況などの報告を受け、公安委員会としての意思決定を行い、意見を述べ警察の業務運営に反映させています。

また、公安委員会は法令の規定に基づいて自動車の運転免許、風俗営業、銃砲刀剣類所持等の許可及び取消し、交通規制などの事務を行っております。

主な出席行事

  • 県議会  
  • 全国公安委員会連絡会議(代表者会議)全国公安委員連絡会議  
  • 四国管区内公安委員会連絡会  
  • 県下警察署長会議  
  • 警察学校初任科入校式・卒業式
  • 年頭視閲式
  • 県下警察術科大会(柔道・剣道・逮捕術・けん銃)
  • 警察表彰式
  • 警察慰霊祭
  • 年末特別警戒